面白いドイツとドイツ語

ドイツの想い出と言えば語り尽くせないものがあります。ドイツと聞いてまず思い浮かべる都市はどこでしょうか。ミュンヘンはオリンピックシティでもあり悲しい事件もありましたが、オクトーバーフェストはビール好きにはたまらない魅力のある都市です。

ドイツの都市で感慨深いところのひとつは、やはりベルリンですね。旧東ドイツの中にあった陸の孤島西ベルリンですが、現在は首都機能を備えたヨーロッパ有数の文化都市となっています。

ドイツ旅行の印象深い出来事としては、ベートーヴェンを生み出した旧西ドイツ首都ボンを訪れたことです、花の街としても有名なこの町は駅前はこじんまりとしたホテルしかないのですが、本当に花に溢れかえっている評判通りの美しい街並みでした。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ユダヤ人としての宿命を背負っていたメンデルスゾーンの作品は異様なほどの哀愁を帯びたものや、切迫感のあるものも多く独特の世界があります。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。トー
泪后Ε泪鵑蓮屮凜Д縫垢忙爐后廖屮肇縫Ε譟璽次廖嵋發了魁廚覆匹巴里蕕譴襯痢璽戰詈験愍涅邁箸任后7擦板錣眞召丙邁箸任靴拭

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、岡崎慎司が2013年まで所属していた、ドイツの自動車工業都市シュツットガルトに本拠を置くVfBシュトゥットガルトがあります。現在の岡崎慎司は同じブンデスリーガの1.FSVマインツ05に移籍しています。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的言語です。

広告

ドイツ文化・青春の思い出

ドイツとはこれまでさまざまな関わりをもってきました。ドイツはもともと地方分権国家で特色ある小都市が数多くあります。デュッセルドルフは日本人が多い町として有名です、ドイツ進出の日本企業の総本山的な役割の都市として挙げられます。

ドイツでもわりと思い出深い都市のひとつは、やはりミュンヘンのオクトーバーフェストですね。ビール好きにはたまらない魅力があります。じゃがいもとソーセージとビール、毎晩続けると体重が心配になりますけどね。

ドイツ旅行の貴重な体験としては、ベルリンのブランデンブルク門が印象深いです。壁の崩壊の直前と直後に訪れたので、リアルな出来事として感慨深いものがあります。

ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、シューベルトの功績は大きいです。歌曲王の冠を戴く彼の作品はゲーテやシラー等の文豪の詩の世界に新たな息吹を与えたものとして、芸術的評価をうけています。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。ドイツの文豪と言えばゲーテです。哲学的な彼の作品は小説だけでなく詩歌にも重要な作品を数
燭弔靴討い泙后

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、過去に5回リーグ制覇しているボルシアMGボルシア・メンヒェングラートバッハ (Borussia VfL 1900 Monchengladbach) などのチームがあります。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的な言葉です。

ドイツ語マスター・享楽の次元

ドイツ語は英語にはない、日本語を使う私達には馴染みやすいところがあります。しかしドイツ語もごく最近新書法という、コンピュータへの対応も見越したスペリングの改革が行われました。これは往年のドイツ語の文学的芳香を消し去るもので到底受け入れがたいとの声もありますが、時代の流れに押し寄られた形になってしまうのは、生きた言語としての宿命みたいなものがあるのも受け入れざるをえない事実です。

ドイツ語の発音もとてもカンタンです。覚えるに要する時間は2時間くらいで十分です。フランス語の発音は20時間かけても一気に覚えるのは難しいですので、ドイツ語は日本人に向いていると言えます。ドイツ語が日本語と似通っていると思い当たる点は、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則が影響していると考えられます。

ドイツ語には日本語になった時にもともとの意味とずれてしまったものもあります。ガスボンベは日本語になっているドイツ語ですが、本来はガス爆弾のことです(笑)。ドイツ語的に言えばカートリッジ式ガスタンクとなるでしょうか。この語の場合は間違って定着した言葉ですね。ドイ
ツ語では動詞の否定を表す場合、否定形は文末に置かれることが多く、これは英語のnotとドイツ語のnichtの使われる位置に明らかな相違が見られ、日本語に近くなります。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、”I don’t go.” “Ich gehe nicht.” となり、「私は〜しない。」という否定の表現がドイツ語と日本語では最後に置かれるという共通点があります。

ドイツ語の母音もアイウエオが基本なので英語と違って楽勝です。

ドイツ語はもともと学術的な言葉として日本には定着しています、昔は病院のカルテはすべてドイツ語で書かれていました、だから医学生には必修の言葉だったのです。

ドイツ語が使われているのはドイツ本家のほかに、隣のオーストリアやスイスのドイツ語圏などの一帯で話されています。

ドイツ語をはじめるキッカケになったのは、自分がJリーガーでドイツに新天地を求めたためと言う人もいます。ドイツ語にだいぶ慣れてくると、ドイツ語は意外にも英語にはない日本語の漢字・かな的な発想があり、非常に親しみを感じてくるよう になります。

Deutschland・黒い森

ドイツとはこれまでさまざまな関わりをもってきました。ドイツと聞いてまず思い浮かべる都市はどこでしょうか。ベルリンがやはり現在のドイツの首都として、また激動の20世紀ヨーロッパの象徴としてまず挙げられます。

ドイツの都市で感慨深いところのひとつは、バルト海に近いリューベックですオーストリアのザルツブルクを早朝に発ち、列車で夕刻にたどり着き、用事を済ませてその足でフランクフルトに向かった想い出があります。いこのかつてのハンザ同盟として栄えた小都市には独特の香りがあったのを覚えています。

ドイツ旅行の印象深い出来事としては、ベルリンのブランデンブルク門が印象深いです。壁の崩壊の直前と直後に訪れたので、リアルな出来事として感慨深いものがあります。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、ブラームスはその中でも人気で、重厚なドイツの響きともいうべき作品を多く作り上げたことで評価が高い作曲家です。「ドイツ・レクイエム」と言う彼の作品があります。宗教的作品はあまり多くありませんが、通常はラテン語のレクイエムをドイツ語の翻訳
魏了譴砲靴峠颪紊欧燭海箸縫屮蕁璽爛垢離疋ぅ銚譴悗琉陲魎兇犬泙后靴靴海虜酩福饗蠅蓮Ein deutsches Requiem で日本語に訳すときは、「ドイツレクエイム」と訳されていますが、ドイツをまるまる背負っているようなものではなく、「ある一つのドイツ語のレクイエム」という控えめな訳し方にしたほうがブラームスの本来の意図に近いような気がします。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。ドイツの文豪と言えばゲーテです。哲学的な彼の作品は小説だけでなく詩歌にも重要な作品を数多く残しています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、全国高等学校サッカー選手権の最多得点記録保持者の大迫勇也が所属するTSV1860ミュンヘン(TSV M?nchen von 1860)があります(現在2部リーグ)。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言語です。

独逸・旅路の終わりに II

ドイツはやはり自分に取って深い関係がある国になります。ドイツを旅していると聞き覚えのある都市名に数多く出会います。ケルンも世界遺産となったゴシック様式の巨大な大聖堂があり、キリスト教の国家として代表的存在ですね。

ドイツで最も印象深い都市の一つになるのが、やはりミュンヘンのオクトーバーフェストですね。ビール好きにはたまらない魅力があります。じゃがいもとソーセージとビール、毎晩続けると体重が心配になりますけどね。

ドイツの旅で忘れられないのが、リューベックの中央駅から音楽大学へ向かう途中に偶然通りかかった、旧50ドイツ・マルク札に描かれてた大きな橋の門があります。

ドイツ語圏にはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、シューベルトの功績は大きいです。歌曲王の冠を戴く彼の作品はゲーテやシラー等の文豪の詩の世界に新たな息吹を与えたものとして、芸術的評価をうけています。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。
擦板錣眞召丙邁箸任靴拭

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、アルビレックス新潟にいたドイツ日本ハーフ、酒井高徳が在籍しているドイツの自動車工業都市シュツットガルトのVfBシュトゥットガルトがあります。岡崎慎司はこのチームに2013年まで所属していました。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的な言葉です。

ドイツ語教材・苦楽と歓喜

ドイツ語はサッカーファンの間ではバイエルン・ミュンヘンとかヘルダーベルリン、シャルケ、ハンブルガーFCなどのチーム名と関連して響きが魅力ある言語のようです。

しかしドイツ語もごく最近新書法という、コンピュータへの対応も見越したスペリングの改革が行われました。これは往年のドイツ語の文学的芳香を消し去るもので到底受け入れがたいとの声もありますが、時代の流れに押し寄られた形になってしまうのは、生きた言語としての宿命みたいなものがあるのも受け入れざるをえない事実です。

ドイツ語の学習を進めていくと、ドイツ語は意外にも英語にはない日本語的な思考回路の作用が存在していることに驚きます。ドイツ語をはじめようと思う理由は、中学校で強制的に始める英語とはちがって、何か自主的な動機がありますよね。ドイツ語はドイツではもちろんですが、オーストリア全土、スイスの一部地域、リヒテンシュタインなどの一帯で話されています。

ドイツ語は英語と比較すると、私たち日本人には共感できる局面があります。ドイツ語には日本語になった時にもともとの意味とずれてしまっ
燭發里發△蠅泙后緝重覆里▲襯丱ぅ函△發辰箸盧廼瓩任魯丱ぅ箸噺世辰燭曚Δ未犬笋垢い任垢▲▲襯丱ぅ箸魯疋ぅ銚譴任蓮嵜Χ函廖峪纏廚魄嫐垢Arbeitから派生した日本語の外来語です。ちなみにドイツ本国では、バイトのことは、part-time job と英語を使います。面白いですねドイツ語の発音はカタカナ読みでほぼ完全と言っていいほどに対応できます。ドイツ語の発音で難しいのはMuseumムゼウムなど音節の切れ目がいくつか考えられる場合ですが、あとは混乱はほとんどないと言ってよいでしょう。

ドイツ語が日本語に似ていると思う点は、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則がおおいに影響していると思われます。

ドイツ語では動詞を否定する場合、否定語は文末に持ってゆくことが多く、これは英語の否定表現とは明らかに語順が違い、日本語のような枠構造になります。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、”I don’t go.” “Ich gehe nicht.” となり、「私は〜しない。」という否定の枠構造が、ドイツ語と日本語では同じ語順になると云う共通点があります。( 村碣 錫

ドイツ文化・忍耐と情熱

ドイツには早くから興味を持ち、仕事でも深く関わった時期もあります。ドイツの好きなところへ行って良いと言われたら候補がありすぎて迷います。北ドイツのハンザ同盟都市でベルリンにつぐ現在のドイツ第2の都市といえばこの北海に近い港湾都市ハンブルクが挙げられます。

ドイツの都市で感慨深いところのひとつは、やはりベルリンですね。ベルリンはドイツの他の都市とは違い大都会という雰囲気が漂っています。それでいてなぜか安心できる場所なのです。

ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、8月に夕方インターシティでハンブルクに到着したのですが、夕立ちに合い、ものすごい寒い思いをしたことです。地元の人は真夏なのにレインコート姿でした。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、ヨハン・セバスチャン・バッハがなんといっても金字塔ですね。その膨大な器楽曲のほかに、教会音楽家としての作品群も多く、死後二百数十年経っていても依然光り輝いている普遍性があります。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。現在のチェコ出身のカフカは代表作「変身」「審判」「城」等
良埔鰺發虜酩覆巴里蕕譴討い泙后G愀覆砲魯淵船垢離罐瀬篆庸欧△辰燭箸気譴討い泙后

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、香川真司が2010ー2012年シーズンまで在籍していた、ボルシア・ドルトムント BVボルシア09 e.V. ドルトムント(Ballspielverein Borussia 09 e.V. Dortmund)BVBがあります。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっている豊かな土壌となっている言語です。