ドイツ語・契機と発展

ドイツ語にだいぶ慣れてくると、ドイツ語は意外にも英語にはない日本語的な面が存在していることに驚きます。ドイツ語は英語と比較すると、私たち日本人には馴染みやすいところがあります。ドイツ語の発音はほぼローマ字読みで対応できます。発音もカタカナで表記できて、読み方も問題ありません。ドイツ語はドイツではもちろんですが、ハプスブルク家のオーストリア、チューリッヒ、ベルンなどを含むスイス等で公用語となっています。

英語はフランス語の名詞を多く取り入れ、かなり言語として進化しているので、ある遺伝子を除いてはドイツ語とは別の言語のようになっています。

ドイツ語をやってみようと思い立った人は、中学校で学び始める英語とは違い、なにかその人の自主性が感じられますよね。ドイツ語では動詞の否定を表す場合、否定形は文末に置かれることが多く、これは英語の否定形との語順とは明らかに異なり、日本語に近い感じになります。「私は彼女を愛していない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、”I don’t love her.” “Ich liebe sie nicht.” となり、「私は〜しない。」という否定の言葉
がドイツ語と日本語では最後になると云う共通点があります。

ドイツ語の母音もアイウエオが基本なので英語と違って楽勝です。

ドイツ語には日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。ガス爆弾、これをドイツ語ではガスボンベと言いますが、この意味だと日本ではスーパーで爆弾が売られていることになります。ドイツ語では、ガスタンクがこれにあたります。外来語としては意味がずれて使われるようになってしまった例ですね。ドイツ語はオペラ・ファンにはイタリア語と並んで親近感のある言葉ですし、オペラ作品などもドイツ語のものが多いのですね、モーツァルトの作品等がドイツ語オペラの代表的です。

ドイツ語が日本語と類似していると思い当たる点は、それはドイツ語の独自の語順の原則が影響していると考えられます。

ドイツ語・忍耐と情熱

ドイツ語の母音もアイウエオが基本なので英語と違って楽勝です。

ドイツ語の学習が進んで行くと、ドイツ語には英語とは根本的に異なる日本語的な思考回路の作用が存在していることに驚きます。ドイツ語が日本語に近いと思ってしまうところは、それはドイツ語の語順の自由性が日本語に通じるものがあると捉えられるからです。

ドイツ語は外来語として定着しているものもありますが、日本独特の呼び方になってしまっているものもあります。もわりと多いですが日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。代表格がアルバイトというもともとはドイツ語の言葉、最近はバイトで定着していますが、アルバイトはドイツ語では「職業」「仕事」を意味するArbeitから派生した日本語の外来語です。このドイツ語のArbeitには日本語のバイトの意味はありません。バイトに当たるドイツ語は一般的には存在しません。ドイツ語はもともと学術的な言葉として日本には定着しています、昔は病院のカルテはすべてドイツ語で書かれていました、だから医学生には必修の言葉だったのです。
ドイツ語は英語よりも、日本人にとっては馴染みやすいと感じるところがあります。ドイツ語では動詞の否定表現の場合、否定のnichtは文末に来ることが多く、これは英語の否定形との語順とは明らかに異なり、日本語に近い感じになります。「私はタバコを吸わない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、”I don’t smoke.” “Ich rauche nicht.” となり、「私は〜しない。」という否定の言葉がドイツ語と日本語では最後になると云う共通点があります。

風潮としてドイツ語は、香川真司や長谷部誠など、日本人Jリーガーのブンデスリーガ移籍などで脚光を浴びることもあるようです。

ドイツ語の発音はカタカナ読みでほぼ完全と言っていいほどに対応できます。ドイツ語をはじめようと思うに至るには、義務教育ではじめる英語学習とは根本的に異なる、何か自主的なものがありますよね。ドイツ語が英語と違って面倒だと感じてしまうのは、格変化で名詞だけでなく形容詞までも変化するところでしょうか、冠詞類+形容詞+名詞類(3つの性)が最大の難関かもしれませんね。

ドイツ語習得・初歩で重要なこと

ドイツ語をはじめようと決心した人は、中学校で強制的に始める英語とはちがって、何か自主的な動機がありますよね。ドイツ語では否定表現の場合、否定を表す言葉は最後に来ることが多く、これは英語のnotとドイツ語のnichtの使われる位置に明らかな相違が見られ、日本語に近くなります。「私はその本を読まない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、”I don’t read the book.” “Ich lese das Buch nicht.” となり、「私は〜しない。」という否定の言葉がドイツ語と日本語では最後になると云う共通点があります。

ドイツ語が日本語に似ていると思ってしまうところは、それはドイツ語の語順の自由性が日本語に通じるものがあると捉えられるからです。

ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、若い人の間ではエるよりもエアと発音する傾向が強くなっています。

ドイツ語を学習して、ドイツ語になれてくると、ドイツ語には英語とは根本的に異なる日本語的な思考回路の作用を発見します。

風潮としてドイツ語は、酒井高徳や酒井宏樹など、日本
人Jリーガーのブンデスリーガ移籍などで脚光を浴びることもあるようです。

英語はフランス語の名詞を多く取り入れ、かなり言語として進化しているので、現在に至るまでにドイツ語とはかなりかけ離れてしまいました。

ドイツ語の発音は日本人に取っては簡単で、カタカナ表記をそのまま読んでも楽に通じます。ドイツ語は英語に比べると、私たち日本人には理解しやすい一面があります。ドイツ語には日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。ガスボンベはドイツ語ではガス爆弾という意味になるのですが、日本の家庭にはそんな物騒なものはありませんよね。ドイツ語的に言えばカートリッジ式ガスタンクとなるでしょうか。この単語の場合は誤って使われ続けている言葉です。

簡単なドイツとドイツ語

ドイツの想い出と言えば語り尽くせないものがあります。ドイツの好きなところへ行って良いと言われたら候補がありすぎて迷います。ローテンブルクやハイデルベルクなど丘の上の中世の都市そのままのような信じられないロマンティックな光景の街も魅力的です。

ドイツで最も好きな都市の一つは、やはりベルリンですね。ベルリンのフィルハーモニーは音楽ファンの聖地です。かつては西ベルリンの端にあったこのコンサートホールも東西統一によってベルリンの中心へと見事な転換を遂げています。

ドイツの旅で忘れられないのが、ミュンヘンで超過密スケジュールの合間に行ったホーフブロイハウスです。ほとんど記憶がありませんが、みんなやたらに盛り上がっていたのは覚えています。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、ブラームスはその中でも人気で、重厚なドイツの響きともいうべき作品を多く作り上げたことで評価が高い作曲家です。「ドイツ・レクイエム」と言う彼の作品があります。宗教的作品はあまり多くありませんが、通常はラテン語のレクイエムをドイツ語の翻訳を歌詞にして書き
紊欧燭海箸縫屮蕁璽爛垢離疋ぅ銚譴悗琉陲魎兇犬泙后靴靴海虜酩福饗蠅蓮Ein deutsches Requiem で日本語に訳すときは、「ドイツレクエイム」と訳されていますが、ドイツをまるまる背負っているようなものではなく、「ある一つのドイツ語のレクイエム」という控えめな訳し方にしたほうがブラームスの本来の意図に近いような気がします。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。現在のチェコ出身のカフカは代表作「変身」「審判」「城」等の不条理小説の作品で知られています。背景にはナチスのユダヤ人迫害があったとされています。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、日本代表清武弘嗣が2012年から在籍している1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nurnberg)があります。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどの豊かな土壌となっている言語です。

ドイツ語圏の国・苦境を乗り越えて II

ドイツとはこれまでさまざまな関わりをもってきました。ドイツの都市名を思いつくままに並べると結構な数になります。フランクフルトは国際ハブ空港としも巨大で有名です。またフランクフルト・ソーセージやアップルワインなどのグルメでもお馴染みですね。

ドイツでの記憶の断片から蘇る場所のひとつが、やはりミュンヘンのオクトーバーフェストですね。ビール好きにはたまらない魅力があります。じゃがいもとソーセージとビール、毎晩続けると体重が心配になりますけどね。

ドイツ旅行の印象深い出来事としては、ベルリンのブランデンブルク門が印象深いです。壁の崩壊の直前と直後に訪れたので、リアルな出来事として感慨深いものがあります。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、ヨハン・セバスチャン・バッハがなんといっても金字塔ですね。その膨大な器楽曲のほかに、教会音楽家としての作品群も多く、死後二百数十年経っていても依然光り輝いている普遍性があります。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートー
戰鵑梁莇絽魘繕覆痢峇心遒亡鵑后廚任茲里蕕譴討い泙后

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、バイエルン・ミュンヘンなどの世界的なクラブチームも数多くあります。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっている豊かな土壌となっている言語です。

独逸・苦難と復興

ドイツとの関係はわりと長く数々の思い出もあります。ドイツの都市名を思いつくままに並べると結構な数になります。ミュンヘンはオリンピックシティでもあり悲しい事件もありましたが、オクトーバーフェストはビール好きにはたまらない魅力のある都市です。

ドイツの街で印象深い出来事があった場所の一つは、やはりベルリンですね。ベルリンはドイツの他の都市とは違い大都会という雰囲気が漂っています。それでいてなぜか安心できる場所なのです。

ドイツ旅行の貴重な体験としては、ソーセージスタンドの巨大ソーセージ、ホットドッグもありますが地元の人が食べるのはロングウィンナー、パンの切れ端みたいなので挟んで持って豪快に食べます。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、ブラームスはその中でも最もドイツ的な響きの作品を作り上げたことで評価が高く人気の作曲家です。オーケストラ作品は規模が大きく協奏曲なども交響曲的編成と規模で書き上げているスケールの大きな作品を残しています。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。ノーベル文学賞作家には
翳埔發竜骸螢悒襯泪鵝Ε悒奪擦い泙后B緝什遒砲蓮峩申 」「車輪の下」等があります。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、バイエルン・ミュンヘンなどの世界的なクラブチームも数多くあります。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出したヨーロッパの代表的な言葉です。

ドイツ語マスター・初歩で重要なこと

風潮としてドイツ語は、酒井高徳や酒井宏樹など、日本人Jリーガーのブンデスリーガ移籍などで脚光を浴びることもあるようです。

ドイツ語の発音はカタカナ読みでほぼ完全と言っていいほどに対応できます。ドイツ語では動詞の否定表現の場合、否定のnichtは文末に来ることが多く、これは英語におけるnotの文法的な用法とは明らかに異なり、日本語的な言語の枠組みが見られます。「私はその本を読まない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、”I don’t read the book.” “Ich lese das Buch nicht.” となり、「私は〜しない。」という否定の文章では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が表される共通点があります。

ドイツ語は英語と構造的に共通しているところは沢山ありますが、実は日本語に似ていると考えられる部分もかなりあります。ドイツ語には日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。代表的なのがアルバイト、もっとも最近ではバイトと言ったほうが通じやすいですが、ドイツ語の名詞 Arbeit(仕事)、動詞ではarbeiten
米砲楔豌修靴燭發里任后舛覆澆縫疋ぅ痛楾颪任蓮▲丱ぅ箸里海箸蓮part-time job と英語を使います。面白いですねドイツ語学習の最後の砦は接続法の第1式です、第2式は英語の仮定法にあたり覚えやすいのですが、第1式はドイツ語独特の間接話法の表現でちょっと面倒です。

ドイツ語が日本語と類似していると思う点は、それはドイツ語の語順の流動性がその理由のように思います。

ドイツ語はメルセデス・ベンツ、BMV、フォルクス・ワーゲン、オペルなど高級外車のイメージがあり、重厚で厳格な響きが好まれてもいます。

ドイツ語をはじめるきっかけは、人により様々だと思います。ホームステイのホストファミリーを務め、ドイツからの少年合唱団のメンバーを受け入れたことが契機となることもあるでしょう。ドイツ語の発音で難しいのは?(オーウムラウト)ですが、これは「Oの変音」と言う名前の通り、オーと言った口の形でエーと発音するおとです。カタカナだと「エー」と表記します。?l [エール] oil V?gel[フェーゲル] Vog
el (鳥)の複数形などです。

ドイツ語を学習して、ドイツ語になれてくると、ドイツ語は意外にも英語にはない日本語的な思考回路の作用があることに気づきます。