ドイツ連邦共和国・遥かなる思い出 II

ドイツと聞いてまず思いつく都市の名前は数多いです。フランクフルトは国際ハブ空港としも巨大で有名です。またフランクフルト・ソーセージやアップルワインなどのグルメでもお馴染みですね。

ドイツで思い出す場所として記憶にあるのは、リューベックですオーストリアのザルツブルクから1日がかりで到着、そしてトンボ返りした想い出があります。バルト海に近いこの小都市には独特の香りがあったのを覚えています。

ドイツの旅で忘れられないのが、ソーセージスタンドの巨大ソーセージ、ホットドッグもありますが地元の人が食べるのはロングウィンナー、パンの切れ端みたいなので挟んで持って豪快に食べます。

ドイツ語圏にはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、やはりオールマイティーなモーツァルトが代表格に挙げられますね。その数少ない短調の作品は大半を占める優雅な長調の作品とは裏腹に何か彼の運命を象徴している雰囲気が漂っています。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』な
匹虜酩覆巴里蕕1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、バイエルン・ミュンヘンなどの世界的なクラブチームも数多くあります。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的な言葉です。

広告

ドイツ語・速習と効率

ドイツ語が日本語に似ていると思い当たる点は、それはドイツ語の独特の倒置法がその理由のように思います。

ドイツ人と日本人の間には昔から共感できる何かがあります。ドイツ語の母音もアイウエオが基本なので英語と違って楽勝です。

英語はフランス語の名詞を多く取り入れ、かなり言語として進化しているので、現在に至るまでにドイツ語とはかなりかけ離れてしまいました。

ドイツ語はクラシック音楽ファンにはわりと親近感のある言葉ですし、オペラ作品などもドイツ語のものが多いのですね、モーツァルトが代表的です。

ドイツ語を話す地域はドイツ本国だけでなく、オーストリア全土、スイスの一部地域、リヒテンシュタインなどの公用語でもあります。

ドイツ語には日本語として定着しているけど本来の意味はちょっとずれてしまっているものもあります。代表的なのがアルバイト、もっとも最近ではバイトと言ったほうが通じやすいですが、アルバイトはもともとドイツ語の「仕事」「働く」を意味する、Arbeit arbeiten から日本語になったものです。ドイツ語圏で
皀▲襯丱ぅ函△い錣罎襯丱ぅ箸呂△蠅泙后任呂匹Δいι妨討个譴討い襪箸いΔ函part-time jobと英語を使っているんです。なんかおかしいですね。ドイツ語をはじめようと思う理由は、誰でも中学校で学ぶ英語の場合とは違い、何か自主的な動機がありますよね。ドイツ語では否定表現の場合、否定を表す言葉は最後に来ることが多く、これは英語の動詞の否定の仕方とは明らかに異なり、日本語のような思考の流れになります。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、”I don’t go.” “Ich gehe nicht.” となり、「私は〜しない。」という否定の表現がドイツ語と日本語では最後に置かれるという共通点があります。

ドイツ語は英語に似ているところも多数ありますが、実は日本語的な要素が多いと思われることも多いですね。ドイツ語の発音はカタカナ読みでほぼ完全と言っていいほどに対応できます。

ドイツ語圏の国・朱色の塔

ドイツと聞いてまず思い浮かべる都市はどこでしょうか。フランクフルトは国際ハブ空港としも巨大で有名です。またフランクフルト・ソーセージやアップルワインなどのグルメでもお馴染みですね。

ドイツで最も好きな都市の一つは、やはりベルリンですね。ベルリンのフィルハーモニーは音楽ファンの聖地です。かつては西ベルリンの端にあったこのコンサートホールも東西統一によってベルリンの中心へと見事な転換を遂げています。

ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、ベルリンのブランデンブルク門が印象深いです。壁の崩壊の直前と直後に訪れたので、リアルな出来事として感慨深いものがあります。

ドイツ語圏の音楽では作曲家は数多いですが、交響曲の父といえばハイドン、その作品数は100を超えますが、明らかにモーツァルトやベートーヴェンに影響を与えていることがその作品の数々からうかがい知れます。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も
著名な作家でした。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、高原直泰が活躍していたアイントラハト・フランクフルトやハンブルガーSV(Hamburger Sport-Verein)などがあります。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的な言葉です。

ドイツ語教材・第一歩からの脱却

ドイツ語を母国語としているのはドイツではもちろんですが、隣のオーストリアやスイスのドイツ語圏などの公用語でもあります。

ドイツ語の発音はとてもカンタンです。学習する時間もフランス語の発音の20分の1以下くらいの労力で済みます。しかしドイツ語には英語では簡略化されている格変化というややこしい活用形がありますから、ちょっと面倒ですよね。

ドイツ語の学習を進めていくと、ドイツ語には英語とは違う独特の日本語的な面があることに気づきます。ドイツ語は英語よりも、私たち日本人にはわかりやすいところがあります。ドイツ語には日本語として定着しているけど本来の意味はちょっとずれてしまっているものもあります。ガスボンベと言うのはもともとドイツ語ですが、本来はガス爆弾の意味で、この語の場合は間違って定着した言葉ですね。ドイツ語ではこの場合、ガスタンクといいます。この単語の場合は誤って使われ続けている言葉です。ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、最近ではあまり大げさにやらなくなってきています。

ドイツ語では否定表現の場
合、否定を表す言葉は最後に来ることが多く、これは英語の動詞の否定の仕方とは明らかに異なり、日本語のような思考の流れになります。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、”I don’t go.” “Ich gehe nicht.” となり、「私は〜しない。」という否定文では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が述べられるという共通点があります。

ドイツ語が日本語に通じると思い当たる点は、それはドイツ語の語順の流動性が日本語に通じるものがあると捉えられるからです。

ドイツ語はメルセデス・ベンツ、BMV、フォルクス・ワーゲン、オペルなど高級外車のイメージにも関連して、モータースポーツなどでも主流の言語ですね。

ドイツ語をはじめようと思うに至るには、中学校からの英語とは違い、なにかその人の思い入れみたいなものがあるはずですよね。

独逸・明日への旅立ち II

ドイツと言う国はどういう国か、たまに不思議に思うこともあります。ドイツの好きなところへ行って良いと言われたら候補がありすぎて迷います。フランクフルトは旧西ドイツの空の玄関として長い歴史を持っています。またフランクフルト・ソーセージでも名前はお馴染みですね。

これまで訪れたドイツの街々でいまでも心の中にあるのは、旧西ドイツの首都ボンがあります中央駅の西側が旧国会議事堂地域で東側が中心市街地となっていますが、こじんまりとはしていますが本当に美しい真知です。

ドイツの旅の想い出としては、ケルンを鉄道で通り過ぎた時にみたケルン大聖堂です。ケルンでは下車しませんでしたが駅のすぐ近くでその巨大さには威厳を感じました。

ドイツ語圏の音楽では作曲家は数多いですが、シューベルトの功績は大きいです。歌曲王の冠を戴く彼の作品はゲーテやシラー等の文豪の詩の世界に新たな息吹を与えたものとして、芸術的評価をうけています。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られ
襯痢璽戰詈験愍涅邁箸任后7擦板錣眞召丙邁箸任靴拭

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガでは、内田篤人が所属するゲルゼンキルヒェンに本拠を置くシャルケ04(Schalke 04)が強豪チームとして知られています。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっている豊かな土壌となっている言語です。

簡単なドイツ語

ドイツ語が日本語に似ていると思う点は、それはドイツ語の独自の語順の原則が日本語に通じるものがあると捉えられるからです。

ドイツ語を母国語としているのはドイツではもちろんですが、ハプスブルク家のオーストリア、チューリッヒ、ベルンなどを含むスイス等の周辺で使われている言語です。

ドイツ語は英語にはない、我々には馴染みやすい一面があります。ドイツ語では否定表現の場合、否定を表す言葉は最後に来ることが多く、これは英語におけるnotの文法的な用法とは明らかに異なり、日本語的な言語の枠組みが見られます。「私はタバコを吸わない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、”I don’t smoke.” “Ich rauche nicht.” となり、「私は〜しない。」という否定の文章では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が表される共通点があります。

ドイツ語の発音は日本人に取っては簡単で、カタカナ表記をそのまま読んでも楽に通じます。ドイツ語をはじめようと思う理由は、中学校からの英語とは違い、何か自主的な動機がありますよね。ドイツ語の学習を続けていると、ドイツ語は
娚阿砲皹儻譴砲呂覆て楔譴里茲Δ粉恭个△襪海箸傍い鼎泙后疋ぅ銚譴郎廼畆磴た佑隆屬任皀廛船屐璽爐討い襪茲Δ任后疋ぅ弔離屮鵐妊好蝓璽飽楡劼垢Jリーガーファンにもドイツ語を勉強している人がいるようです。

ドイツ語には日本語として定着しているけど本来の意味はちょっとずれてしまっているものもあります。ガスボンベは日本語になっているドイツ語ですが、本来はガス爆弾のことです(笑)。ドイツ語式に言えば、この場合ガスタンクが適切です。ドイツ人にタクシーのトランクにある燃料容器を「ガスボンベ」と説明し大笑いされたことがあります。ドイツ語が英語と違って面倒だと感じてしまうのは、名詞に性があることかもしれません。名詞は男性名詞、女性名詞、中性名詞の3つに分かれます。フランス語等のラテン語族の2つよりも1つ多いですね。

ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、若い人の間ではエるよりもエアと発音する傾向が強くなっています。

ドイツとドイツ語・前進と停滞

ドイツとはこれまでさまざまな関わりをもってきました。ドイツの好きなところへ行って良いと言われたら候補がありすぎて迷います。ケルンも世界遺産となったゴシック様式の巨大な大聖堂があり、キリスト教の国家として代表的存在ですね。

ドイツでの記憶の断片から蘇る場所のひとつが、リューベックですオーストリアのザルツブルクから1日がかりで到着、そしてトンボ返りした想い出があります。バルト海に近いこの小都市には独特の香りがあったのを覚えています。

ドイツ旅行の印象深い出来事としては、ケルンを鉄道で通り過ぎた時にみたケルン大聖堂です。ケルンでは下車しませんでしたが駅のすぐ近くでその巨大さには威厳を感じました。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、ヨハン・セバスチャン・バッハがなんといっても金字塔ですね。その膨大な器楽曲のほかに、教会音楽家としての作品群も多く、死後二百数十年経っていても依然光り輝いている普遍性があります。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。ドイツの文豪と言えばゲーテです。哲学的な彼の作品は小
發世韻任覆躄里砲盻斗廚丙酩覆鮨燭弔靴討い泙后

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、日本人ブンデスリーガの魁奥寺康彦氏の所属していた1FCケルン(現在2部リーグ)などの伝統的チームもあります。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出した豊かな土壌となっている言葉です。